京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 介護資格について > 介護職が未経験の人におすすめの資格は?

介護職が未経験の人におすすめの資格は?

今から 20、30 年前、「介護をするのに資格など特別いらない」といわれていた時代、介護の知識も経験もない人が、介護現場に入ってから、職場の先輩に手ほどきを受けながら、見よう見まねで介護の仕事をすることがありました。確かに、自分の身内に介護が必要になって介護をするといったとき、わざわざ介護の勉強をして資格を取得する必要はありません。しかし、介護の専門家として、職業として介護業務に携わるとき、介護の専門的な知識や視点、プロ意識を持って責任ある仕事をすることが大事です。

未経験で介護職に就く道は・・・

ホームヘルパーとして訪問介護事業所に所属して働くとなった場合、必要な資格として創設されたのが、従来あったホームヘルパー研修1級から3級で、これを取得することが、介護業界に入り込む一般的な方法でした。
現在、ホームヘルパー研修は廃止されましたが、制度の名称や仕組みは変わったものの、「介護職員初任者研修」 「実務者研修」を受けることで、介護業界でホームヘルパーとして活躍する道があります。

介護や介護職が未経験だからといって、それに動じることは全くありません。介護職員初任者研修や実務者研修を通して、一通りの介護の基礎知識や技術を学ぶことはできますし、高齢者や障害者に対する関わり方も教わることができます。また、実際に介護職が未経験の人が介護業界で高齢者や障害者に関わるには、福祉のボランティアに参加してみることもよいかもしれません。福祉ボランティアは市町村や各福祉施設などで募集されているようですが、そういったところから介護の現場を体験することが、将来の福祉の仕事の一助になるはずです。

未経験からホームヘルパーになる近道

多くのホームヘルパーは未経験からスタートしています。介護職に就くために、人それぞれルートは違いますが、ある程度のまとまった学習時間を確保できるのであれば「介護職員初任者研修」 「実務者研修」で介護の基礎をみっちりと学んで資格を取得することが近道です。

「介護職員初任者研修」では、最短1ヶ月の期間で60,000 円~、「実務者研修」は介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)よりも上級の資格になり、訪問介護施設ではサービス提供責任者として働くことができ、期間としては6ヶ月(スクーリングは10日)の通信教育+通学講座で、無資格者:110,000円~200,000円、介護職員初任者研修取得者:80,000円~です。