京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 初任者研修 > 初任者研修を取得するメリットとは?

初任者研修を取得するメリットとは?

初任者研修は、これから介護の世界に進もうと思っている方には必須の資格と位置づけられます。介護職員初任者研修を修了したということは、介護をするために必要である基本的な知識や技能が身についていると証明することができます。資格を有しているということで、社会的に介護職従事者の素養があると認められる事になるわけです。

介護業界で長く続けていくためには

介護職員初任者研修は、訪問介護サービスなどを提供している事業所では、必須とされています。介護施設等の中には無資格でも採用してくれるところもあるようですが、初めは無資格でも業務を覚えていく段階で資格取得を促される事がほとんどのようです。

介護職員初任者研修を修了した後に施設で勤務する期間が長くなっていけば、介護福祉士や認定介護福祉士などの上位資格を目指すことも可能です。上位の資格を取得することが出来ればキャリアアップにもつながりますし、給与などの待遇面も変わってきます。
ステップアップするための資格取得の受験資格を容易に得るには、介護職員初任者研修の資格を持っていた方が時間の短縮になります。

上位資格を目指す際、必要な学習時間にも差が出ます

介護福祉士になるためには、介護職員初任者研修の資格が無いと450時間の講習を受ける必要がありますが、資格取得をしていると免除される講義ができて学習時間の短縮が出来ます。よって、仕事をしながら空き時間を利用して勉強していくことが可能になります。

介護の仕事についてある程度の期間が経ち、さらなるスキルアップのため、上位資格を取ろうと志した時、介護の仕事をしながら、資格の勉強をしていくことはそれなりに大変なことだと思います。時間が取れない中でも介護福祉士を目指すには、少しでも学習時間の負担が少ない方が良いでしょう。

初任者研修は家族の介護の際にも役立つ

また転職や就職だけではなく、自宅で家族を介護することになった人や、これから介護する事になるかもしれないという人にとっても、介護職員初任者研修は非常に役立つものです。
急な病気や怪我で介護が必要になったとき、やはり病院や施設ではなく住み慣れた自宅で家族の支援を受けて生活していきたいという人が多いそうです。そうなった時に、介護の正しい知識と技能を持っている事が大いに役に立ちます。

初任者研修を取得するメリット

初任者研修を取得するメリット4つをまとめました。
・介護をするために必要な基本的な知識や技能が身についていると証明できる
・社会的に介護職従事者の素養があると認められる
・上位資格を目指す際に、免除される講義があるため、学習時間の短縮になる
・自宅で家族の介護をする際に、役立つ

介護職員初任者研修は、介護職に就きたい方、家族の介護をしている方、家族の介護に備えたい方、介護について興味のある方など、初心者の方にもオススメな資格です。
学習期間も最短1ヶ月から取得ができますので、これを機会に取得を目指してみてはいかがでしょうか。