京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 初任者研修 > 初任者研修のカリキュラムについて

初任者研修のカリキュラムについて

弊社のカリキュラムでは通信教育とスクーリング、合計130時間を通して、初任者研修を実施してまいります。各科目終了後にレポートを提出していただきます。また、最終日には、全科目を網羅したテスト(テスト時間1時間)を受験いただきます。

介護職員初任者研修のカリキュラムは下記のとおりです。

1.職務の理解(6時間)

「介護職」を知るための入門的な講座。介護職の種類やサービスの分類、実際に働く施設での職務内容について学びます。施設介護と在宅介護の違いや介護職の1日の流れなども学習していきます。

2.介護における尊厳の保持・自立支援(9 時間)

介護サービスを利用する側である高齢者・障害がある人の「人権」や「尊厳」について学ぶ講座です。高齢者・障害がある人は身体が自由にならなくとも、介護者の思う通りになるわけではありません。「人権」や「尊厳」について学ぶことで、それぞれの方のキャリアや人生を尊重した接し方を学んでいきます。また、サービス利用者による「可能な限り自立した生活」を目指すための介護について学習します。

3.介護の基本(6 時間)

介護職の役割や職業倫理、働く上での安全の確保など、介護職として勤務する際に必要な基本理念が主な授業内容となります。介護職に求められる専門性と利用者の個別性をそれぞれ理解して、利用者の生活を支える為の視点を学んでいきます。

4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携(9 時間)

主に政府や自治体による介護・福祉にまつわる制度を学ぶ講座です。介護制度は「介護保険制度」に規定された制度ですので、それに携わる介護者は制度を知らずして実施はできません。「介護保険制度」や「障害者総合支援制度」などの基礎的な知識と、医師・看護師など医療業務に関わる人達との連携の重要性について学びます。

5.介護におけるコミュニケーション技術(6 時間)

その名のとおり人とのコミュニケーション方法を知る講座。高齢者や障害のある方の心身の状態に合わせたコミュニケーションを学習します。サービス利用者との意思疎通を図る技術のみならず、介護職として一緒に働く人達との連携や対話.・連絡などの必要性を学んでいきます。

6.老化の理解(6 時間)

老化が人間のこころとからだに与える変化について、また高齢者の健康状態を維持するために留意すべき点などを学びます。

7.認知症の理解(6 時間)

認知症についての医学的な基礎情報や、認知症患者の健康管理と同時に、患者を支える「家族のケア」も学びます。

8.障害の理解(6 時間)

「家族の心理やケア」を重視しながら、障害がある人の行いや考えの特徴、「かかわり支援」についてなど、障害に関する基礎情報を多面的に学びます。

9.こころとからだのしくみと生活支援技術(75 時間)

上記 8 つの科目は主に座学を中心に講座が行われますが、この科目に関しては、演習授業となります。介護サービス利用者の生活を支援するための技術を習得していきます。例えば車いすの介助、体位変換、入浴介助の技術などを、受講者同士が利用者役/介護者役と、両方の立場になり実践学習していきます。

10.振り返り(4 時間)

上記 9 つのカリキュラムを終えると、最後に「10.振り返り(4 時間)」の科目があります。これは今までのカリキュラムの総復習、まとめとなる講座です。加えて、介護職として就職するにあたっての備えなども学びます。

そして、厚労省は、次の4点を柱とうたっています。

◎介護福祉士課程への連続性を考慮し、「こころとのからだのしくみと生活支援技術」として演習による介護技術を修得する時間を大幅に確保。

◎地域包括ケアシステムにおけるチームケアの提供を推進していくため、「医療との連携」に係る時間を確保。

◎今後の認知症高齢者の増加を見込んで、「認知症の理解」に関する科目を設定。

◎「職務の理解」や「振り返り」の科目において、実際の介護現場等のイメージができるように科目を設定。

初任者研修は、しっかりと学習すれば初心者でも十分取得できるカリキュラムとなっている資格です。介護への理解を深め、介護職員としての基礎を固めることができます。