京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 介護職について > 介護職員のワークライフバランスについて

介護職員のワークライフバランスについて

介護職と言えば、夜勤などのあるシフト勤務やスタッフ不足による長時間労働、少ない休日などの就労環境が話題になります。また、労働時間や仕事内容の負担に対して、賃金が低いことも言われています。

そんな介護職ですが、介護職員には男性もいますが、女性が多いイメージがあるかと思います。実際、そういった女性職員のワークライフバランスはどうなっているのでしょうか?

女性が働くことに理解のある施設が多い

介護職は、やはり体力的に厳しい面もあり、結婚・出産・育児などの理由で退職される方も多くいらっしゃいます。しかしその反面、女性が多い職場だからこそ、昨今のようにワークライフバランスが注目される前から、女性職員への理解があったという施設も多くあります。

そういった施設では、施設の制度としてだけでなく、女性が家事や子育て・介護をしながら働くということについて、スタッフ間にも理解があり、それが働きやすい環境を作っていることもあります。

制度としては、出産前後の休暇・育児休暇・時短勤務はもちろんのこと、お子さんの幼稚園や保育園などの行事に合わせて仕事を調整できるシフト対応など、様々な制度を導入されているところもあります。

介護職の就労環境の改善へ

2015年4月に介護報酬改定がありました。その内容は施設の運営にとっては非常に厳しい改定でしたが、介護職の就労環境の改善にも目が向けられました。

実際、介護職においてもワークライフバランスを実現している施設や自治体も増えてきており、そういった事例が注目されるようにもなってきています。今後もさらに、労働に見合った待遇や働きやすい職場環境などの整備が期待されています。

人材不足の施設だからこそワークライフバランスへの取り組み

高齢化社会の日本において、介護施設の多くは人材不足に悩んでいます。そのため、結婚や出産を機に女性が辞めてしまうことは、大変大きな痛手です。新たに施設が求める人材を採用することは、コストもかかりますし、採用できないリスクもあります。そんな中、女性が家庭を持っても働きやすいような環境整備をしたり、ルールを柔軟にする施設が多くあります。

働きやすい環境を整備することで、有能な人材の流出を防ぎ、多くの職員に長く勤務してもらいたいと考えているのです。そして、そういった取り組みは施設のブランドにもつながります。

人材不足の中にあっても、その働きやすさが他の施設との差別化につながり、新たな人材の獲得にもつながり、スタッフが皆イキイキと働いていれば、施設の雰囲気やコミュニケーションも良くなり、好循環が生まれるとも考えられます。

ワークライフバランスを保って働くには

介護職は女性の割合が多い傾向がある点において、制度や世論がサポートする以前からワークスタイルの工夫を続けてきたという施設は多いです。職場のスタッフの間にも理解がありますので、上手に制度を利用することで働き続けることができます。

体力面で言うと、「夜勤はキツイ、ツライ」という意見が多く聞かれますが、夜勤にはメリットもあります。中でも夜勤手当による金銭的なメリットは大きく、夜勤に多く入りたいという方もいらっしゃいます。また、シフトによっては平日休みになったり、夜勤明けにお休みがあったりするので、オンオフを切り替えて充実した毎日を送ることができます。

介護職は、これからの日本になくてはならない仕事です。とてもやりがいのある仕事でもありますし、さらにワークライフバランスを意識する施設も増えてくるでしょう。