京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 介護職について > 介護職として仕事を続けるポイントとは?

介護職として仕事を続けるポイントとは?

介護職というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ニュースなどでは、「体力仕事でつらい」、「給与が低い」などの情報が多く、ネガティブなイメージばかりがあるのではないでしょうか?そのため、「介護の道に進みたい」と考えていても、本当にやっていけるだろうか?と悩まれる方も多くいらっしゃいます。

介護の仕事は、本来、社会的にとても意義があり、多くの方に必要とされる、なくてはならない仕事です。実際に働くと、介護の仕事のイメージが変わったという方も多くいます。

しかし、現在、介護職に就いた方のうち、半数以上が1年~1年半程度で辞めてしまっているという調査結果もあります。その理由にはどのようなものがあるのでしょうか?また、逆に10年以上に渡って介護の仕事を続けている方も多くいます。介護職を長く続けるためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?

介護職を辞めてしまう理由

介護職を早期に辞めてしまった理由で一番多いもののひとつに、仕事の量や内容に比べて、給与が見合わないということがあげられます。具体的には、「労働時間が長い」、「施設が人手不足なため連勤が当たり前になってしまっている」、という不満がよく聞かれます。このあたりは、根本的な労働環境の整備が行われないうちには、なかなか改善されない難しい問題です。

しかし、このような労働環境は何も介護業界に限ったことではありません。また、働く施設によっても環境は異なりますので、仕事に就く前にしっかりと確認し、「こんなはずじゃなかった」ということを少しでもなくすようにしましょう。

介護職を続けるには、健康が第一!

介護の仕事をする中で、大変なことに体力的なことがあげられますが、長く仕事を続けている方は、この問題にどう向き合っているのでしょうか?

やはり、介護職を続けていくためには、自身の健康がなによりも大切です。介護職は、人のために働く、人に奉仕するようなイメージがありますが、自身を犠牲にしていては、仕事は長続きしません。

介護の仕事といえば、入浴ケアや排泄ケアなど体力が必要なことが多くありますので、「腰を痛めた」などということもよく聞かれます。また、多くの方を介護する中で、感染症にも気をつけなくてはいけません。「介護は体力がないと無理」、ということもよく聞かれますが、実際は体力のあると思われる男性ではなく、女性も長くこの仕事を続けています。

たとえば、移乗の場合でも、ただ力を使うだけでなく、腰を痛めないように、適切な方法で業務を行っていくことができるコツなどがあるのです。そういったコツを身につけ、自分自身の健康にも気をつけて業務を行っている方は、肉体的な大変さを軽減させることができ、介護の仕事を長く続けられているようです。

スタッフや高齢者の方とのコミュニケーションが大切!

介護職を辞めた理由に、人間関係や施設が合わなかったという声をあげる方もいます。介護職は、スタッフ同士はもちろん、多くの高齢者の方々とも関わる仕事です。介護をした相手に「ありがとう」と感謝されることも多い半面、自分の体が自由でないストレスや認知症のために、きつくあたってしまう高齢者の方もいらっしゃいます。また、やはり高齢者の方々と関わる上で責任もある仕事ですので、はじめの頃は慣れない仕事が大変でストレスを感じる、忙しい中でスタッフの方とのコミュニケーションがうまく取れないなどで悩むこともあるかと思います。

介護職は、介護する方を相手とするため、相手の心に寄り添うこと、高齢者の方やスタッフとのコミュニケーションが大切になってきます。そのため、人とコミュニケーションを取るのが苦手という方には、仕事を長く続けることが難しいかもしれません。

"介護"という仕事を実際に見て感じる

介護職に就いている方の多くは、以前は他の仕事をしていたが、その仕事や自分の生き方に疑問を感じ、福祉の仕事を選ばれた方が多くいらっしゃいます。確かに体力的に大変な面もありますが、それ以上に「人の役に立つ素晴らしい仕事をしている」ということが仕事のやりがいとなります。素晴らしい高齢者の方との出会いがあり、人生の先輩から学ぶことも多くあります。高齢者の方に言われる「ありがとう」の一言でがんばれる、人の役に立つことに生きがいを感じるという方が多いのが、この仕事の特徴です。

もしあなたが「介護の道に進みたい」「介護の仕事で高齢者の方の助けになりたい」と思われているなら、まずは実際に働いている方の声を聞いてみたり、勉強中やボランティアなどで施設に訪問する機会を作ってみたりすると良いのではないでしょうか。実際に自分で介護の仕事を見て感じることが大切です。