京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 介護職について > ホームヘルパーのキャリアアップに必要な資格とメリット

ホームヘルパーのキャリアアップに必要な資格とメリット

ホームヘルパー(訪問介護員)とは、介護・介助・支援が必要な方の自宅に赴き、人それぞれにあったサービスを行う、介護における“最前線”となる仕事の1つです。利用者との直接的なやり取りにやりがいを感じる方も多いかと思います。

そこで今回は、ホームヘルパーとして頑張る人のキャリアアップについてお話します。

● サービス管理責任者などを目指したい
● ゆくゆくは新しい環境で介護の仕事にチャレンジしてみたい
● 訪問介護の現場でやること以上の知識をつけたい
● 積んできた経験を証明できる何かが欲しい


という方の参考になればと思います。

ホームヘルパーのキャリアアップの選択肢

“ホームヘルパーのキャリアアップ”と一口に言っても、その形は様々です。

ホームヘルパー(訪問介護員)としての立場は変えずに、ずっと現場の前線で働き続けたいという方も多くいらっしゃいますので、昇進していくことだけがキャリアアップの道とも限りません。訪問介護現場のプロ中のプロとして、経験を積み、生かしている人材は、重宝されます。

逆に、将来はサービス提供責任者になりたいという方や、入所型施設のフロアリーダーとして働いてみたいという方、ケアマネジャーになりたいという方も多くいらっしゃるでしょう。

このようなキャリアアップの道を思い描いている方も、しっかりと実務経験を積むことが必要ですし、段階を踏んで必要資格を取得していくことが推奨されます。

例えば、ケアマネジャーになるためには、介護福祉士など、該当する国家資格を取得した上での実務経験が必要となります。

まずは実務者研修の資格を取得しよう

ホームヘルパーがキャリアアップを目指すためには、ただ漠然と「経験を積んでいきたい!」と意識するよりも、「経験を生かして資格の取得を目指す!」と明確な目標を設定するのがいいでしょう。

例えば、現在ホームヘルパー(訪問介護員)として働いている人なら、旧ホームヘルパー2級、現在で言う介護職員初任者研修の資格を持っているはずです。

そして、ホームヘルパーがキャリアアップの道を歩むために、まず必要と言える資格は、実務者研修です。

「ずっと訪問介護の現場で働き続けたい!」という人であっても、資格の取得は無駄ではありません。事業所にもよりますが、資格手当がつき、手取りの給料が多くなることも考えられます。

ホームヘルパーがキャリアアップするための資格取得の流れ(一例)

まずは、実務者研修の資格を取得することがおすすめだと先述しました。しかし、キャリアアップ・スキルアップするためには、もちろんここで終わりではありません。

サービスの質を上げて、自分が責任のある立場になっていくことを想定するなら、さらに進んだ資格が必要となります。

1.実務者研修
2.介護福祉士
3.ケアマネジャー

の順に資格を取得し、キャリアアップされる方が多いです。

後の資格ほど難易度は高く大変ですが、これを取得していると出来る仕事の範囲が増えてやりがいにも繋がりますし、手当がついたり昇進したりすれば年収もアップします。

介護に関係する民間資格を取っておくことも、1つの手段です。キャリアアップの絶対条件ではありませんが、自分の仕事のスキルアップにつながることは確実です。

ホームヘルパーがキャリアアップを目指すメリット

これまで何度か述べてきたように、どのようなキャリアアップの道を選んでも、訪問介護の実務による経験・知識を蓄え続け、それらが資格取得などによりきちんと認められることで、確実に評価は上がります。

事業所により待遇は様々でしょうが、

● 資格に応じた手当が付く(給与アップ)
● アルバイト・パートから正社員になる


など、様々なメリットがあります。

また、ホームヘルパーとしてのキャリアアップを重ね、責任ある立場になることで、「大変だけど、その分やりがいを感じられる」ことも、価値のあることだと言えます。

介護の基本として、ケアプラン通りに仕事をすることは大切なことです。しかし、それだけではなく、サービス提供責任者やケアマネジャーなどの責任ある立場になり、利用者1人1人のプランを考え、そのプランを遂行したことで利用者さんの身体状況が少し良くなったり、利用者本人やその家族に喜んでいただけたりすることで、「介護の仕事に就いてよかった!」と、感じることがあるのではないでしょうか。

まとめ ~出来ることからコツコツと~

以上、ホームヘルパーのキャリアアップについてのお話でした。

まずは実務者研修の資格を取ることだと先述しましたが、これはあくまでも一例です。

資格取得はもちろん重要ですが、介護士としての腕を磨くためには、日々の経験を大切に積み重ね、コツコツと努力していくことも必要です。

訪問介護士のプロ中のプロでありたい方も、サービス提供責任者を目指す方も、ケアマネジャーを目指す方も、地道な努力を怠らずに頑張ってくださいね。