京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > その他介護コラム > 介護職を目指し、研修を受講する方はどんな方が多いか?

介護職を目指し、研修を受講する方はどんな方が多いか?

介護職員初任者研修実務者研修など、介護の資格を取ろうと思った際、「どんな方が講座を受講しているのだろうか?」と不安に思う方は多いと思います。

「介護職員は女性が多いイメージだが、男性はいるのだろうか?」
「どれくらいの年代の方が多いの?」
「私の年齢でもやっていけるかしら?」など。

そこで、実際にユウコムに通って、介護職員初任者研修などの介護資格を取得した卒業生の方に、アンケートのご協力をいただきました。

男性・女性、どちらが多い?


男性と女性の割合(円グラフ)

まずは、今回アンケートをお願いした卒業生の方の性別です。男性が約3割、女性が約7割となっています。

介護職は40~50代の女性の方が多いイメージがあり、実際も女性の方の割合が多いです。しかし、思っていたよりも介護職を目指す男性も多いのではないでしょうか?

介護職は、高齢化と言われるこれからの世の中になくてはならない重要な職業です。介護職に就く男性も、年々多くなってきているのでしょう。

介護職を目指すのに年齢は関係ない


年齢の割合(円グラフ)

次に、年齢についてです。グラフを見ていただくと分かりやすいのですが、30代の方が4割、40代の方が4割。30代と40代合わせて、8割程度となっています。
50代の受講生も比較的多いです。また、20代の方は少ないのですが、30代前半など若い方もいらっしゃいます。

こう見ると、「20代で介護職に就く人は少ないのではないか?」と感じるかもしれませんが、20代という年齢で介護職に就く方ももちろんいらっしゃいます。
学生の頃から介護職を目指す方は、専門学校や大学で学ばれて、介護の仕事に就くという方もいらっしゃいます。

60代以上の年齢の方は、どうでしょうか?
介護の仕事は、内容によっては体力が必要になってくる仕事です。しかし、60代以上の方も、他の年齢に比べると少ないですが、研修を受講されている方がいらっしゃいます。

介護の資格を取得するために、20代から60代以上の方まで、様々な年齢の方が学んでいらっしゃいます。実際、スクール卒業後に就職をしようとした際、年齢によって就職しにくいといったことはありません。介護職を目指すのに年齢はあまり関係ないことがお分かりになるのではないでしょうか。

介護職で長く活躍できる


経験年数の割合(円グラフ)

「介護職についてどれくらいなのか?」ということもお聞きしました。

介護の勉強をされて間もなく、まだ未経験という方もいらっしゃいましたが、1年以上3年未満という方が過半数を占めています。中には5年以上、10年以上という方もいらっしゃいました。

皆さん、ユウコムで介護資格を取得された後も、長く介護職において活躍されているようです。

介護の勉強はいつからでも可能

介護職に興味はあるけれど、スクールに通うことに躊躇されていた方。
自分と同じような年齢の方がいるのか、不安に思っていた方。
少しは不安が解消できたでしょうか?

初任者研修実務者研修などの介護資格について、性別や年齢に限らず、多くの方が勉強しています。「介護職に就きたい」「介護の勉強をしたい」と思った時が、始め時です。