京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護コラム > 実務者研修 > 実務者研修の資格を働きながら取得した方の声

実務者研修の資格を働きながら取得した方の声

「これから、介護福祉士実務者研修の資格を働きながら取りたい」と考えている人も多くいらっしゃるでしょう。しかしながら、「働きながら実務者研修の資格を取るのは大変そう」、「自分には無理そう」と不安に感じることもあると思います。

そこで今回は、ユウコムの卒業生で、働きながら実務者研修の資格を取得された方にインタビューし、どのように時間を作って勉強をされたのかなど、リアルなお話を聞いてきました。

キャリアアップのために働きながら実務者研修の取得を目指す

今回インタビューに協力してくれたSさんは、もともと介護職員初任者研修の資格をお持ちで、すでに介護に携わる仕事をされていました。

将来的にはサービス担当責任者になりたいと考えられており、キャリアアップのために、介護の仕事と並行しながら実務者研修の資格を取得することを決意されたそうです。

実務者研修の受講中、仕事のスケジュールは?

Sさんは、いわゆるフルタイムで介護関係の仕事に従事されていました。

シフトが入っているのは週5~6日、勤務時間は原則9時~18時までと、一般的な会社に勤務する正社員の方と変わらないスケジュールで働かれていたことになります。

実務者研修の取得には、実際どれくらいの時間がかかる?

ユウコムの実務者研修の履修時間は、通信学習(自宅学習)とスクーリングを合わせて462時間です。しかし、これは無資格の場合で、所有している資格によっては通信学習の一部科目が免除されます。

Sさんのように介護職員初任者研修の資格をお持ちの場合は、通信学習の一部科目が免除され、スクーリング込みで332時間まで短縮されます。

あくまで目安ですが、無資格の方が実務者研修の資格取得に6ヵ月かかるとすると、介護職員初任者研修をお持ちの方の場合、最短3ヵ月前後で取得することができます。

※実務者研修の履修時間やカリキュラムについての詳細は、以下をご覧ください。
介護福祉士実務者研修

やはり働きながらの通信学習は大変?

Sさんの場合は、週5~6日働いており、通信学習の勉強時間を捻出するのはかなり大変だったといいます。

仕事が終わってから夜にコツコツと、1日1~2時間ほど添削課題に取り組まれたそうです。

働きながらのスクーリングは、就業先施設の協力が必要!

添削課題(通信学習)の終了後は、介護職員初任者研修資格の所有では免除にならない講義・演習カリキュラム(スクーリング)を受ける必要があります。

この実務カリキュラムはユウコムのようなスクールでしか受けることができず、受けられる曜日などもある程度決まっています。

そのためSさんは、仕事が休みでなければ仕事先を抜けて研修に来られていたそうです。仕事先が介護事業所内であったため、協力的であったとのお話でした。

働きながら実務者研修を取得するのに、大変だったところ

働きながら実務者研修資格を取得するには、やはり勉強時間を確保することが大変だったそうです。

9時~18時までは仕事があるので、通信学習をするのは帰宅してからになってしまいます。そのため、どうしても夜に勉強を行わなくてはならず、睡眠時間を削って頑張ることも多かったそうです。

また、実務者研修後半ではスクーリングに通う必要があるため、休める日がなくなってしまうこともあったということでした。

モチベーションを維持するための心がけ

Sさんの場合はすでに介護に携わる仕事に就いており、そして将来も介護職としてキャリアアップすることを目標にしていました。そのため、「今勉強していることは、確実に良い仕事につながるんだ」と意識することが、モチベーションの維持になっていたそうです。

数ヶ月間、睡眠時間やお休みを削って実務者研修に参加されましたが、自分の未来のためになっているんだと思うことで、「疲れるなぁ」と思うことがあっても、無事、資格の認定まで頑張れたとのお話でした。

働きながら実務者研修の資格を取得した、その後

Sさんは実務者研修の資格を取得した後、キャリアアップを重ねられ、目標にしていたサービス担当責任者になることができました。

訪問介護事務所内の仕事全般に携わり、忙しくとも充実した毎日を送られているそうです。

しっかり目標を見据えることと、周りの協力が大事

働きながら実務者研修の資格を取得するためには、根気が必要です。実務者研修は、初任者研修よりもハードルの高い資格で、受講期間も長いですから、「大変だ」と感じることもあるでしょう。

「働きながら勉強をするのは辛いなぁ」と思った時には、サービス担当責任者になりたいと思っていたSさんのように、「今勉強していることが自分の目標にどう活かせるのか」を考えてみると、やる気につながるのではないでしょうか。

また、仕事場とスクールの距離が離れていたり、現在まったく違う業種で働いている場合は、しっかりと上司に事情を説明し、シフトを調整してもらうなどの協力をあおぐことが必要になるでしょう。

特に、通信学習の期間中は自分1人で頑張っているような孤独感もあり、「自分には無理なのでは?」と諦めかけることもあるかもしれません。しかし、実際に働きながら実務者研修を受講し、資格を認定されている方は多くいらっしゃいますので、そうハードルを上げてしまわずに、無理せずコツコツ努力することが大切だと言えます。