京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護職員養成スクール > 介護職について

介護職について

介護職は、利用者や障害者の日常生活の自立を支援するお仕事で、介護サービスの中心を担う職種です。
介護の仕事は、無資格でも行うことができますが、多くの事業所では有資格者を希望していることが多く、資格を持っていると給与面でも優遇されることがあります。国家資格である介護福祉士を取得していれば、さらに就職にも有利になります。

介護職の仕事内容について

介護職員の役割はどんなことか、具体的にどんな仕事があるのか、介護職の実際の仕事内容についてご紹介していきます。

  • 食事介助

    自分で食事ができない利用者の方に介助をすることです。噛む力、飲み込む力が衰えてきますが、口から召し上がることで五感が刺激され、食欲が増し、食べる喜びにもつながります。

  • 口腔ケア

    利用者の方の口腔内をきれいに清掃することです。
    歯磨きのお手伝いをするのですが、ご自身でブラッシングができる方は出来る限りご自身で出来るように介助を、ブラッシングが出来ない方の場合も、出来るだけ手を添えて一緒に磨いていきます。

  • 入浴介助

    入浴のお手伝いをすることです。
    水温や着替え時の温度にも注意をします。
    またお風呂場は滑りやすいので、利用者の方が転倒しないように、常に意識を配ります。
    体力の必要な仕事の一つですが、利用者の方に感謝されることも多く、その分やりがいも感じられます。

  • 排泄介助

    利用者の方がトイレを利用する際の見守り、トイレの介助、オムツ交換などを行います。
    排泄介助は利用者にとってストレスとなることもあるので、精神的な負担や、身体的な不快が最小限になるように手助けを行い、信頼関係を築いていくことが大切です。

  • レクリエーション

    利用者の方が楽しめるような、また体の機能回復に役立つような動きを取り入れながら、レクリエーションを行い、またそのサポートをします。
    食堂などの室内で、歌を歌ったり、工作をしたり、ボールを使ったゲームをしたりすることもあれば、外出などの楽しみをサポートすることもあります。

  • トランスファー(移乗介助)

    べッドから車椅子へ、車椅子からベッドへ、またはトイレや椅子などへの移乗を介助することです。
    歩行が困難な利用者の方にとって、車椅子や椅子などへの移乗は、寝たきりを防ぐためにも重要です。

  • 就寝介助(ナイトケア)

    就寝する際に、パジャマへの着替えなどをお手伝いします。口腔ケア(ハミガキや義歯洗浄)や洗顔などを行う場合もあります。

  • 精神的なケア

    日常生活のサポートだけでなく、精神的なサポートも行います。
    利用者が安心して元気に過ごせるように、良き話し相手になったり、悩みを聞いたり、元気づけてあげたりすることもあります。

活躍できる職場

介護職に就くにあたって、具体的にどんな職場、施設があるのでしょうか?
利用者や要介護者を対象にした介護施設は、介護保険が使えるもの、使えないもの、入所ができる施設、通所する施設、入居条件や費用面などで様々な種類があります。

介護職の将来性について

日本は少子高齢化社会で高齢化が進むスピードも年々早くなってきており、今後、超高齢化社会を迎えることになるでしょう。2025年には高齢者の人口は3600万人に達すると言われ、日本の総人口の30%を越えると予想されています。
そのような社会で今後、介護を必要とする利用者の方はどんどん増えていきます。
介護の現場では現在でも人手不足と言われていますが、超高齢化社会を迎えるに伴い、介護が必要な方に対して介護職員が100万人不足するとも言われています。

少子高齢化や人口減少により日本の経済活動は縮小していきますが、そんな中でも介護業界は年々ご利用者が増加し、今後さらに重要な役割を担うことになっていきます。
現在でも介護・福祉関連の仕事は、他の職種よりも多くの求人があり、派遣・アルバイトなどの非正規雇用だけでなく、正社員の求人も比較的多く見られます。

介護の仕事は資格がなくても行うことは可能ですが、やはり有資格者が求められることも多いですし、条件・待遇面でも優遇されますので、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修から学習を進め、介護福祉士・ケアマネージャー・社会福祉士を目指すことも良いと思います。