京都と滋賀で初任者研修・実務者研修・ホームヘルパー2級と言えばユウコムです。

あなたが輝ける場所へ。ユウコムは楽しさと豊かさを追求しステップアップのお手伝いを致します。

トップ > 介護サービス > 通所介護

居宅介護

居宅介護とは

ご利用者が要介護状態になった場合にあいても、可能な限り居宅においてご利用者の有する能力に応じ自立した日常生活が送れるよう配慮し、常にご利用者の立場に立ち、居宅サービス計画を作成するなど居宅介護支援を行います。



居宅介護支援事業所

居宅において日常生活を営むために必要な保健医療サービスまたは福祉サービス(指定居宅サービス等)を適切に利用できるように、要介護者 とサービス提供事業者や行政との調整を行う事業所のことです。
介護支援専門員(ケアマネジャー)が、ご利用者とサービス事業者のパイプ役となり、連絡・調整介護に関するさまざまなご相談に応じます。
また、継続的なサービスの評価を行い、安心・安全に在宅生活を送れるように支援します。
介護サービス計画作成費用のご利用者負担はございません。

介護支援専門員

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護が必要な方(要介護者)の心身の状態に合わせて、各介護サービスの計画(ケアプラン)を作成します。
その後、それぞれのサービス事業者と連絡・調整を行い、実際に介護保険サービスを受けられるよう支援します。
また、介護保険の認定には、有効期間が定められているため、更新申請の手続きも代行します。
状態変化を把握するため、定期的に訪問し、状態変化があれば、随時サービスの調整を行います。
上記支援にかかる費用としての、要介護者の方の負担はありません。